本文へスキップ

日本実験動物技術者協会/Japanese Association for Experimental Animal Technologistsは、
実験動物学の一翼を担う実験動物技術者の全国的な組織です。

TEL.

支部規約BYLAWS

日本実験動物技術者協会東海北陸支部規約

 名称
  第1条 この会は、日本実験動物技術者協会東海北陸支部(以下本会)という。
  2.本会は、日本実験動物技術者協会(以下本部とよぶ)規約第11条及び、本部運営規程第5条に定める支部と
  する。

 事務局
  第2条 本会は、事務局を事務局長所属機関内に置く。

 目的
  第3条 本会は、実験動物技術者における実験動物に関する知識・技術、並びに技術者としての資質及び地位の向上
  に努め、もって生物学・医学・薬学等における実験動物に関わる学術的発展に寄与することを目的とする。

 事業
  第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  (1)会員相互における知識および技術の交流
  (2)技術者の地位の向上を図るための事業
  (3)関連機関との交流および情報の交換・資料の収集
  (4)会誌その他出版物の発行
  (5)実験動物技術に関する講演および講習会の開催
  (6)その他必要と認める事業

 会員
  第5条 会員は個人会員、賛助会員とする。
  2.個人会員はすべて本部に登録され、本会を構成し、実験動物ならびに実験動物に関わる業務に従事し、かつ本
  会の主旨に賛同する個人(学生を含む)とする。
  3.賛助会員は、本会の主旨に賛同し、本会を賛助する法人または団体とする。
  4.本会の主旨に賛同し、本会の個人会員になろうとするものは、本部事務局で手続きを行うものとする。
  5.本会の主旨に賛同し、本会の賛助会員になろうとする法人または団体は、本会事務局へ賛助会員の手続きを行
  うものとする。
  6.会費は、個人会員は本部の定めるところとし、賛助会員は本会を維持するための所定会費を一口以上本会へ支
  払うものとする。
  7.個人会員は、本部事務局への手続きにより退会することができ、賛助会員は本会事務局への手続きにより退会
  することができる。
  8.賛助会員の期限は1会計年度とする。
  9.次の場合は脱会したものとすることができる。
  (1)1年会計年度以上会費未納の場合
  (2)死亡またはそれに準ずる場合。
  10.個人会員は本会役員の選出に関わる被選挙権を有する。

 役員
  第6条 本会に次の役員をおく。
  (1)支部長   1名(本部支部長理事兼務)
  (2)副支部長  2名
  (3)幹 事   若干名
  (4)監 査   2名
  2.日本実験動物技術者協会運営規程に基づく本部評議員は、本会の役員において兼務する。

  第7条 役員及び監査、本部評議員は本会通常総会において選任する。
  2.役員及び監査について、候補者選出が必要な場合は役員選出委員会にて選出を行う。
  3.役員選出委員会は役員候補者選出にあたり選挙が必要な場合の選挙管理を行い、それを本会通常総会に付託す
  る。

 職務
  第8条 役員の職務は次のようにする。
  (1)支部長は、本会を代表し、会務を統轄する。
  (2)副支部長は支部長を補佐し、支部長に支障が生じた場合、その職務を代行する。
  (3)幹事は、本会の業務を執行する。
  (4)監査は、会計を監査し、総会に報告する。
  (5)本会にて選出した本部評議員は、本部総会評議員会を構成し、本部総会提出議案等を検討する。

 任期
  第9条 役員及び本部評議員の任期は、本会通常総会から2年後の本会通常総会までとし、本会支部長の任期をす
  べての役員・監査・本部評議員の任期とする。支部長代行においては、引き継いだ支部長の任期とする。再任を妨
  げない。

 会議
  第10条 会議は総会及び役員会とし、支部長が招集する。
  2.役員会は、次の者で構成される。
  (1)東海北陸支部役員
  (2)支部長が特に認めた者

  第11条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。
  2.通常総会は毎年1回開催する。
  3.臨時総会は支部長が必要と認めたとき、開催する。
  4.総会は、次の事項について議決する。
  (1)事業計画
  (2)歳入歳出予算および決算の承認
  (3)本会規約の改正
  (4)その他重要事項

  第12条 役員会は支部長が必要と認めたとき、支部長が招集する。
  2.役員会は、次の事項について決議する。
  (1)総会に付議する事項
  (2)会務執行に関する事項
  (3)その他、本会運営の重要事項

 財務
  第13条 本会の運営に必要な経費は、本部補助金および賛助会費、参加費等をあてる。

  第14条 本会は講習会や研究会等の事業を行う際、参加費を徴収し事業の運営に充てることが出来る。

  第15条 本会の会計年度は本部規約に依る。

 その他
  第16条 本会規約の改正手続きは役員会に過半数と総会における過半数の同意を要するものとする。

  第17条 本会は、事業を遂行するに必要な備品を所有することが出来る。

  第18条 その他本会規約は本部規約に準ずる。

 附則
  第19条 本規約は、平成27年4月1日より施行する。

                                             PDF 


東海北陸支部事務局細則

 (会議費)
  第1条 会議費は、役員会(単独開催)に出席する役員交通費、会場費等、その他本部総会評議員会に出席する役員
  の交通費をもって計算する。
  2.本部総会評議員会交通費は、往復の交通費、1泊宿泊費を原則とするが、実情に応じて協議決定する。
  3.交通費の計算は、日本実験動物技術者協会財務規程第19条第3項、第4項を準拠する。

 (研究会費)
  第2条 研究会費は、支部総会・研究会、講習会、技術交流会等に出席する講師の交通費、宿泊費と謝礼金、または
  講習会で補助した役員の交通費と宿泊費、および会場費等をもって計算する。
  2.講習会に出席する講師が本支部役員の場合は、交通費と宿泊費を支給する。
  3.講師の招聘は、本部共催講習会助成費として原則的に申請する。(年2回程度)
  4.第1項の謝礼金は、日本実験動物技術者協会財務規程第19条第5項に準拠し2万円とする。
  5.交通費の計算は、前条第3項を準拠するが、特別顧問等(日本実験動物技術者協会財務規程第20条第2項に
  準拠)については実情に応じて協議決定する。

 (弔慰費)
  第3条 本部および本支部の現役員ならびに家族(父母・配偶者・子)、支部顧問、名誉会員が死亡した場合には
  日本実験動物技術者協会事務局細則第1条に準拠し供花・弔電および香典を送ることができるが、実情に応じて協
  議決定する。
  2.香典額は別に定める。
  (2) 供花の贈呈は実情に応じて協議決定する。
  3.父母の範囲は実父母とする。
  4.子の範囲は扶養家族である実(養)子とする。

 (附則)
  本規程は平成27年4月1日制定・施行

                                             PDF 


東海北陸支部メーリングリスト内規

 1.東海北陸支部会員専用メーリングリスト(以下MLという)は、日本実験動物技術者協会東海北陸支部に所属し
 ている会員の中で、登録の希望のあった会員のみを登録することができる。ただし、東海北陸支部長がこの限りでは
 ないと認めた者は登録することができる。
 
 2.MLは、以下の目的において運用する。
  @ 日本実験動物技術者協会本部事務局および東海北陸支部事務局等からの情報の提供。
  A 従来、東海北陸支部事務局から郵送していた会報等のメール添付による配信。
  B 東海北陸支部会員間の情報交換。
  C その他東海北陸支部長が必要と認めた事項の配信。

 3.MLの管理は、東海北陸支部事務局が行う。
  @ MLへのメンバー登録および退会の申請は、必ず事務局に届け出る。
  A 事務局は、支部会員から上記の申請があった場合は、速やかに登録・退会の手続きを行う。
  B 事務局は、MLのメンバーとして不適と認められた者に対しては、メンバー登録を削除することができる。

 4.MLに登録できるメールアドレスは、勤務先、プライベートを問わないが、固定IPアドレスとし、原則フリー
 メールは受け付けない。

 5.会員は、公欲秩序に反する行為を行ってはならない。

 6.その他必要事項は別に取り決める。

 7.この内規の変更は、必要に応じて東海北陸支部役員会において行う。

 この内規は平成27年 4月 1日より運用する。

                                             PDF 

バナースペース

日本実験動物技術者協会
東海北陸支部